保育園ガイド こどもを預けて働きたい

image

ママが外で働く、その理由やきっかけはさまざまです。

 

また、育児休職中なのか、仕事探しから始めるのかなどのちがいもあるでしょう。事情は人それぞれでも、働く保護者のために保育園や、便利な制度やサービスがあります。うまく活用して仕事と子育てのバランスが上手にとれるといいですね。

 

就活・保活も含めて保育園入園までの流れをご紹介します。



6.保育園の入園準備

保育園への入園が決まったら、保育園生活にスムーズに移行できるように、入園準備にとりかかりましょう。

◎入園後の生活をイメージする

入園後の生活を具体的にイメージして、1日の流れを思い描いてみましょう。何時に起きて準備すれば、保育園に寄っても職場に間にあう?家事はどのタイミングでこなす?買い物はどうする?など。

そうすることで復帰前に何を準備しておくか、足りないサポートはないかなど事前に不安な部分を解消でき、育休明けからスムーズにワーキングマザー生活を始めることができます。

◎事前に登録できる保育サポートに登録しておく

入園が決まったら、病後児保育施設や保育サービスの登録や下見(顔あわせ)を済ませておきましょう。復職直前に登録したい!と相談しても、タイミングがあわなかった、という場合もあるようです。余裕をもって準備できると安心ですね。

◎入園準備品を揃える

入園が決まると、園から入園に備えて準備するものが伝えられます。

園やこどもの年齢によって準備するものはちがいますが、思っている以上に用意するものが多くてびっくりしたという先輩ママの声をよく聞きます。直前にあわてなくてもいいように、余裕をもって準備しましょう。

◎入園後の生活をトライアルしてみる

復職1ヵ月位前になったら、復職後の生活リズムで生活をするようにしましょう。