保育園ガイド こどもを預けて働きたい

image

ママが外で働く、その理由やきっかけはさまざまです。

 

また、育児休職中なのか、仕事探しから始めるのかなどのちがいもあるでしょう。事情は人それぞれでも、働く保護者のために保育園や、便利な制度やサービスがあります。うまく活用して仕事と子育てのバランスが上手にとれるといいですね。

 

就活・保活も含めて保育園入園までの流れをご紹介します。



3.保育園選びの基準

先輩ママたちにはなしを聞くと「立地条件」「保育内容」をあげる人が多いようです。残業が多い人なら延長保育の有無もポイント。駅から遠くても園庭が広いところか、園庭は狭くても駅に近いところか、悩む人も多いようです。また、最近は英会話や体操教室などを行っていたり、ひらがなや数字の教育に力をいれたりしているところも。

 

いろいろ見ていると、悩んで決められない!ということもあるかもしれません。そんな時には自分たちにとって譲れないポイントは何か、優先順位なども整理してみましょう。

あなたが大切にしたいのは何?

例えばこんなポイントで優先順位を考えてみると整理できるかもしれません。

働き方にあっている? □対象年齢 □延長保育 □病後児保育 □休日保育 □長期休暇の有無
園の立地は □通勤経路 □駅近 □園庭がひろい □公園が近い 
園の保育方針は □教育方針 □食事の方針 □遊びの方針
こどもの様子 □こどもの表情 □のびのびしている □しっかりしている
保育者の様子 □先生の人数 □表情やことばづかい □こどもとの接し方

見学をしよう

遠いと避けていた場所もいってみれば案外、交通の便がよいことや、園の雰囲気、相性など、その場に足を運んではじめて分かることもあります。大切なこどもが、長い時間を過ごし、成長していく場所です。事前に施設を見学してみることをおすすめします。